そういうの一番大事やと思いますわ

 寒くて起きてこない子供を起こすために朝からテレビをつけて映像研を流していて思い出した。第一話で主人公の浅草氏が高校に入学する場面で、舞台である芝浜高校はこのように描写される。「たびかさなる増改築によって構造は複雑怪奇」「経緯不明の高低差」「まさにダンジョン」その建物の立体感に感動して浅草氏は「この学校を舞台にアニメを作りたいのだ!」と宣言するのだが、この建物構造を見てわたしは去年の3月に閉鎖されたミナイチを思い出したのだ。新開地からハートフルを通れば地上を歩いていたはずなのにミナイチに入った途端地下に迷い込む事になり、湊川公園からも荒田公園からもどこからアクセスしても高低差から来る立体構造で来る者を迷わせる神戸新鮮市場の心臓部、ミナイチ。各市場を立体的に結びつけるハブとしての機能を持っていたミナイチがなくなって以降、市場全体はすっかり平面的になってしまった。もう慣れるしかないし、普段から文句を言っているわけではないけれど、アニメを見てとつぜんミナイチを思い出した。よくぞなくしてくれたな、この野郎。墓石みたいなマンションばかり建てやがって。ヘラヘラ笑ってんじゃねえぞ、地権者め、行政め、開発業者め。Rに行くと、先日Tさんが何かのひょうしで来たので「ごろごろ、神戸。」をすすめてくれたのだと言う。そしたらTさんが笑いながら「これくれるんですか?」と言ったので「あげません。買って下さい」と答えといたよと。「勉強になるから言うて、必ず買うように言うといたで」と。大事ですよね、そういうの一番大事やと思いますわ、ありがとうございます、と答える。酒のんだ時の仕上げ用にペペチ4とブタ麺2買う。長田で買った味噌漬け唐辛子の味噌部分だけ残っていたので、それで味付けをしてかす汁を作る。NをのぞくとYさん誕生日とのことであった。その後NYでスパイスやきめしとチューハイ。3月14日、シカクで藤井聡子さんとのイベントが発表されていた。