豚足

  昨日に引き続き今日も豚足を求めて市場に行ったら、今日は肉屋がやってる日で大量に入荷していた。豚足と牛アキレス、ホルモンミックスを買って、タレはMよりNの方がおいしいからタレだけNで買う。鳥屋でチューリップ。この店のチューリップを子供が好きで、買うなりわりとでかいのに2本食べた。その前にはらさんでチョコドーナッツを食べていたので昼ごはんはこれでいいかなみたいな感じになり、うどんセットを2つ買って家に帰る。ホルモンミックスを炒めタレを絡めご飯にのせる。しかし、4歳くらいの子供とずっと家にいるとどうなるかと言えば、やらないと死ぬ系の家事(メシ)と、やらないと生活出来ない系の家事(洗濯)以外の優先順位の低い家事がストップする。死ぬわけでも生活出来なくなるわけでもないけどしないといけない系の家事ってたくさんあって、それは主に細かな掃除だ。ほこりとか髪の毛が部屋の物のすみにたまっていって、それがどんどんふくらんでいく感じで、総体として家が散らかる。優先順位の低い方の家事ってけっこう大事なのだ。そこが出来ないとじわじわと効いてくる。買ってきた豚足は適当に解体しヒガシマルのラーメンスープで煮込む。煮込む、というほどに手間をかけなくてもよい。今日は長ネギを入れて、沸騰させて、火を止めてほうっておけば味がしみこむ。食べる時にもう一度あたためればすばらしい酒のつまみだ。晩ごはん、子供用には鮭を焼き、妻にはNのアバラご飯。別工程で豚足を4本解体していると肉のなんやかんやが指や爪なんかに染み込む感じになって、犬が狂ったようにこちらをにらんでいる。犬って豚足が好きなんだわ。昨日、子供が1歳とか2歳くらいの時に毎日のように行きまくった公園、というか空き地みたいな場所に久しぶりに連れて行った。私はすごく思い出のある場所だけれど、当人は全部忘れていて、水路に以前はいなかったメダカがたくさん泳いでいた。