いつでも向こう岸に戻れる程度の

 二時頃に寝てるのに四時頃に目覚めてしまうのが悩みと書いたが今日は五時半頃に目覚めた。四時に目覚めると罪悪感があるが五時半だと「早起きしたな」という気分になる。ナオミ・オルダーマン「パワー」を読む。レゴを片付ける片付けないの喧嘩をこの前してから、コーナンでレゴ専用の片付け箱にすればいいのではないかと思って大きめのコンテナボックスを買い与える。なんとなくコーナンをうろうろしていたら、人生に必要なものはだいたいコーナンにあるのではないかという気になって、ついでにパイプ椅子も買った。家に帰って商品をよく見ると椅子は脚のキャップが一個付いておらず、コンテナボックスには小さな亀裂が入っている。ああ、こういう、上手くいかない感じ、買ってみたら何か足りない感じもまた人生に似ていると思いながら店に引き返し交換。先日エイトフォーの話を書いたけれど、もうひとつ幼心に埋め込まれた恐怖のイメージとして、釣りキチ三平の鮎川魚紳が隻眼になったエピソードがある。だから今でも人がいる所で竿を振ってエサを投げ入れている釣り人を見るのがこわい。1月1日から毎日日記を書いてしまっている。なんか案外書けるもんだなと思って20日まで来てしまった。このまま行くと2003年から書き続けて今まで一度もやった事のない365日コンプリートをやってしまうのではないかと思った。いっその事達成してみたい。しかし10年前ならいざしらず、この年で365日インターネットに日記を書いていたらあほやろという気もする。ネット日記は昔はもっと孤独感があって良かったのだが今はその孤独感さえも「あえて選択しただけ」感というか、数日前、あえてスマホを持たずに「昔の感じ」を獲得しようとした行為に似て、偽物ではないが本当の孤独感でもない、ただツイッターやインスタグラムの喧騒から離れているだけ、いつでも向こう岸に戻れる程度の孤独という感じがする。なんにせよ静かな場所は良い。