『プレオー8の夜明け』

昨日に引き続き古山高麗雄『二十三の戦争短編小説』から。「プレオー8の夜明け」「セミの追憶」読む。いま吉野家が、持ち帰り限定で80円引き、というセールをやっている。この事の意味について昨日から考えている。だっておかしいじゃないか。理屈としておかしい。私は太古の昔から松屋にせよ吉野家にせよ持ち帰りの場合は容器代をしっかり50円とか徴収しないといけないと主張していて、それでもそういう(持ち帰り代を徴収する)時代にはならず、店内で食べても持ち帰っても同価格のままだった。で、今回のやつ、店で食べたら80円引きならわかるよ。でも持ち帰りの牛丼が80円引きってこれ、あかんやろ。でもまあ「牛丼持ち帰り」というスタイルをPRしたいだけか。ならええわ。宣伝やったらしゃあないな。