サバ缶ごはん

いつどういうきっかけでそれを知ったのか、忘れてしまったが、安田理央さんのサバ缶ごはんという存在を知って、(下リンク、もう12年前なんですね…)

夏の朝はサバ缶ごはん - ダリブロ 安田理央Blog

いつか作りたいと思ってその日のうちにサバ缶を買っておいたはいいけれど、なかなか作る機会がやって来なかった。今日、稲妻が落ちるみたいな感じで「今しかない…!」というあれが突然来たので、作ったんです。

本家安田レシピを調べるのもあれだったので、もう記憶をたよりにというか、まあこんな感じだろうというあれで適当に作った。

f:id:heimin:20190605223658j:plain

私のやつは、サバ缶(1缶全部使いました。これは多すぎるのかな)、青ネギ、それに牡蠣だし醤油(↓Amazonのやつ貼ってるけど近所のスーパーで買って。安いから)、

ヒガシマル醤油 牡蛎だし醤油400ml×3本

ヒガシマル醤油 牡蛎だし醤油400ml×3本

 

 オリーブオイルと粗挽きコショー、それと冷蔵庫に余ってたトマト半分を使いました。

トマトに関しては「別に適当でええわ。誰に食わせるわけでもないし」と思って考えなしに入れたけど、これが相性なかなか良い。あと本家安田レシピだと、サバ缶を冷蔵庫で冷やすんです。ここが肝要なのに、間抜けにも忘れてしまいました。

サバ缶ごはん、これは奥が深いな……と思って。一度作ったら作るハードルが一気に下がったので、次また近いうちに実践します。次はきちんと本家に寄せてやる。一番大事な事、冷蔵庫で冷やすように…!

なんとなく混ぜる候補として、小さく切ったトマト、アボカド、ちくわとかどうですかね。でもそういうのをあまりやり出すと、本家安田印サバ缶ごはんの魅力「手軽さ」が抜けてしまって、これはイケない。

なんにせよ作ってよかった。サバ缶ごはん色々試したい。夏の楽しみができました。ありがとうございます。