今夜、串外しについて語ろう

f:id:heimin:20190508220208j:plain

 

少なくとも私の周りで、焼き鳥等の串モノが出てきた時における「串外し」について良く言う人間はいない。おそらく皆さんの周囲でもそうではないだろうか。

串外しはこれまで「飲み会でわざわざ焼き鳥の串を外すやつ、きっしょー(俺は串のままで食べたいんだよ)」みたいな言い方でしか語られて来なかった。串外しを積極的に支持する声って聞いた事ありますか?ないでしょ?

少なくともそれは通のやる事ではなく、酒場の流儀をわからない初心者のやる事、ガキのやる事みたいな。

しかし酒場人生43年、私はけっこうやるのだ。串外しを。

まず、塩ならともかく、タレで味付けされている物の場合、外して一個一個を独立させた方がタレが完全に絡んでよりツマミとしての完成度が増す。そう、串から外した方がタレがからむのよ。知ってましたか?あなたがたは見て見ぬふりをしてきましたが、串のままだと身と身の間の串の穴のあいてる所周辺、タレが絡んでないやん。そのへん負けを認めてくださいよ。穴の周辺、タレ絡んでへんやろ。

もうひとつ細かい話をすると、串のままの状態だと数える単位が串になるでしょ。

あと3串残ってるなあ、みたいな。

だからひとかけら(ひとつぶ)を食べた時、一串に3つ身が並んでるとしたら、串のままで食べている限りそのひと粒は単位は3分の1でしかないのよ。
でも串から外す事によって、ひとつぶ食べたとしようや。すると、串の状態だとそれは3分の1でしかなかったのに、串から外したらその同じひとつぶが出世しちゃってほら、単位が1になるよね。

亀田三兄弟(ひと串)みたいな呼ばれ方じゃなくて興毅、大毅、和毅それぞれが一人の人間として見られたいみたいな感じわかりますか。

そもそも酒飲みなんてアルコールでアタマが馬鹿になってるんだから、たとえば皿に串が3本並んでたとしたら「ああ、つまみが3つ(3串)あるなあ」て認識なんだけど、それを串からバラすことによって(ひと串に身3つとする)、「ああ、つまみが9つあるなあ」て認識になるから、そっちの方が3倍ハッピー、得でしょ。

串からひとつぶ食べたら、それは3分の1を食べた(3分の2が残っている)となって、串を持っている間中、中途半端感を背負わないといけないけど、串から外す事によってその中途半端感は解消されて、ひとつぶ食べるごとに起と結がしっかりしてるわけです。串から外さずにだらしなく手に持ってる皆さん、あなたたちはいつでも宙ぶらりんでしょう?いつまでモラトリアムでいるんだよ。

焼き鳥、串がこれだとするでしょ

 ー@@@ー

ひとつぶ食べてこうなるでしょ

 ー@@ーー

この時の「途中感!」ありますでしょ。

 ー@@ーー(途中)

もうひと粒食べて

 ー@ーーー

となっても途中。全部食べてようやく

 ーーーーー(完了)

みたいな。

串から外して身をバラすとひと粒ひと粒が「完了」になるんだな。

ここ重要よ。とっても重要よ。